実は海外旅行って国内より安く行けちゃったりするの知ってた!?

  • 2020年2月15日
  • 2020年4月5日
  • 旅行
  • 148view

こんにちは渡辺です。

突然ですが皆さんこんな疑問ありませんかね?

「海外旅行ってお高いんでしょ?」
「航空券だけで何十万もするんじゃないの?」
「テレビで安く行けるCMやってるけど本当?」

はい!

今日は海外旅行に行きたいけど費用面で躊躇している方向けに、読み終わった後これなら行けそうだ!と思ってもらえる様お伝えしていくのでみんなちゃんとついてきてね。

ちなみにこれを書いている僕は会社員をしながら大型連休や土日をつかい、年間5回ほど海外へ出かける生活をしています。

訪問国は約15ヶ国。

主にアジアを中心とし時々南米へ行ったり。
旅先では釣り竿片手に国境付近を探検している釣り旅人。

そんな僕が海外旅行を全くしたことがない人にもわかりやすくお伝えするのでよろしくね!

それじゃ行くよー!

海外旅行は予想以上に安く行けます!

いや本当もうこれに尽きるんですよ。

僕も海外に行ったことない時ってものすごくお金がかかると思っていました。
なんか何十万もかかりそうなイメージありませんか?
そんな固定観念があったのでそもそも調べたりする事すらしなかったんですね。

もうそれが当然だと思っていました。

うんうん。

しかし実際に海外への航空券を見てみると、行く場所によっては国内を旅行する程度の価格で販売されているんです。

というわけでここからは国内旅行と海外旅行の費用の比較をしていきましょう!

例として現地までの移動費+3泊分の宿泊費で比べてみるね!
※旅の内容によって費用は変わってくるので参考価格として考えて下さい。

国内旅行にかかる費用をみてみよう!

ここでは仮に東京から大阪まで旅行に行くとするよ!

まず車で往復したら高速代やガソリン代諸々かかってきますね。
じゃあ新幹線は?というとこれも往復でそれなりな金額すると思います。
そしたらLCCは?高速バスは?

はい!

これらのおおよその料金を計算してみました。
※下2桁は四捨五入

東京⇄大阪 往復の各移動にかかる参考費用

 

東京⇆大阪間

33700円

新幹線

27700円

LCC

18800円

高速バス

10000円

こう見てみると圧倒的に高速バスが安いですね 。

続いてLCCですが、成田発着で空港までの移動を考えるとあまり現実的ではないのかなと思います。

一般的には安さの高速バス、早さの新幹線って感じでしょうか?

これに宿泊費が最安で一泊

  • ドミトリー: 1000円前後×3泊=3000円
  • 個室: 2500円前後×3泊=7500円

※ここではドミトリータイプに泊まると仮定して計算していくよ!
ドミトリーの説明は後ほど!

東京⇄大阪
往復の交通費+宿泊費の合計

 

交通費+宿泊費

36700円

新幹線

30700円

LCC

21800円

高速バス

13000円

自分で書いててなんだけど高速バスがかなりいい価格を叩き出しているね。
大丈夫か心配になってきたよ(汗

ここで最安の高速バスにおおよその食費と観光費を足していきます。

  • 1食 900円×3食×3日間=8100円
  • 観光 10000円

合計 18100円

国内旅行総額(移動費+宿泊費+食費+観光費)

  • 総額 31100円

海外旅行にかかる費用をみてみよう!

続いて海外旅行にかかる費用を順を追って見ていきましょう。

ここから先は仮にバンコクに行くとして話を進めていきます。

何でバンコクかってそれはね。。。
僕がバンコクが好きだからだよ!!

他の国に行きたい人とかもいると思うけどここは一旦バンコクをベースに考えておくれ!

頼む!

航空券を探そう!

ではまず東京⇆バンコク間の航空券がいくらで買えるのか?

こちらをご覧ください!

国内高速バスのコスパを見た直後なので、ちょっと感覚が麻痺してますけど実際これすごくないですか?

東京⇄バンコク往復ですよ。

正直僕は初めてこれに気づいた時、なんで今まで調べなかったんだと自分を呪いましたねw

時期によってさらに安い場合もあったりして新幹線片道分の料金でバンコク往復出来ちゃったりします。

まじでやばい(語彙力)

東京⇆大阪間の高速バス移動と比べると約9000円ほど高くなってしまいますが、これは現地に行った後の宿泊費や飲食費であっという間に相殺できてしまう金額です。

これについては後で説明しますね!

ここまで読んでくれた皆さんは一旦こちらのサイトにアクセスして自分が行きたい国までの航空券が一体いくらするのか調べてみてください。

もちろん行く国や時期によって割高な時もあるのですが東南アジアなどは比較的リーズナブルに行けることがわかると思います。

さぁ!

航空券は意外と安く取得できることがわかりましたね!

現地の宿を探してみよう!

続いては現地での宿泊費を見てみましょう。

宿泊費についてはこちらのBooking.comを使うよ!

はい。出てきました。

衝撃のお値段!

しかも朝食付きとかもうなんなんって感じですよね。

でも本当なんですこれ。

基本的に宿は大きく分けてプライベートが守られている個室タイプか6名から10名前後の人たちが1つの部屋に泊まるドミトリーと言うものに分かれています。

さっき国内旅行の際に少し触れたやつね!

ドミトリーとは2段ベットが1部屋に何個も並べられていてトイレシャワー共同の部屋のことです。上で紹介した宿はドミトリータイプ。

バックパッカーの人たちはこういうとこに泊まることが多いですね。
メリットは値段が安いことですがデメリットとしてはプライベートがないことと荷物の管理は自己責任だと言う事。

えー!なんだか不安なんですけど!!

と思ったあなた!

安心してくださいちゃんと個室のホテルも見て行くよ!

はい。

こちらも非常にリーズナブルでしょ?

宿泊費3泊分

  • ドミトリー: 400円×3泊=1200円
  • 個室: 1600円×3泊=4800円

費用の計算は国内と同じ条件のドミトリーで出していきます。

東京⇄バンコク往復の航空券代と現地宿代の合計

 

東京⇄バンコク

航空券

18800円

宿泊費

1200円

合計

20000円

はい!こんな感じですね!

交通費や外食費、観光費なども見ていくよ!

ここでは現地での交通費と食費、観光費をざっくり見ていきましょう!

交通費

バイクタクシー:40~70円位。

・ちょっとした移動におすすめ
・車の間をすり抜けながら走るので事故のリスクあり

タクシー:初乗り120円〜市内であればほとんどの場所に1000円程度でアクセス可能

・ただでさえ安いのに友人とシェアしたりすると激安
・時間帯によっては猛烈な渋滞にハマる事がある

電車:100円程で市内のほとんどの場所へアクセス可能

・ほぼ時間通り
・日本ほど混まない

外食費

コンビニ

ミネラルウォーター 45円
お茶 120円
コーラ 100円
コーヒー 100円
ビール 150円

ローカルレストラン

トムヤムクン 700円
ソムタム 450円
カレー 700円

屋台

パッタイ 150円
チャーハン 150円
カオマンガイ 180円
ガパオ 180円
焼き鳥 45円

観光費

ワット•プラケオ 1700円
ワット•ポー 350円
ワット•アルン 170円
アユタヤ観光 1700円
水上マーケット 1000円

物によっては日本と変わらなかったりするものもちらほらあるけど、大体のものは日本よりお安い感じじゃないでしょうか?

食費と観光費の比較

仮に3食ミネラルウォーター付きで3日間。さらに観光した時の参考費用が以下です。

  • 1食 400円×3食×3日間=3600円
  • 観光 7000円

合計 10600円

海外旅行総額(移動費+宿泊費+食費+観光費)

  • 総額 30600円

旅行費用まとめ

それでは国内旅行と海外旅行の総額を比較してみよう!

 

旅費の総額

国内旅行

31100円

海外旅行

30600円

どうでしょうか!

どこを観光するか何を食べるかによって多少上下しますが、概ねほとんど変わらない費用で行けてしまうんです!

タイの場合、物価はおおよそ日本の1/3〜1/2くらいなので航空券が多少高くても現地での滞在費で結構回収できてしまいます。

これは滞在が長ければ長いほど顕著で、仮に1ヶ月バンコクで暮らすとして節約すれば衣食住でトータル5~7万円前後あればで生活出来てしまうのではないかと思われます。
※航空券は除くよ!

逆に短期2泊〜4泊くらいであればHISなどのツアーが非常にコスパが良かったりするので一度のぞいてみてください。
安いと航空券+ホテル+朝食込みで19800円とかありますよ!

費用もあまり変わらないですし、英語出来なくてもなんとかなります。
アジアなら休みも3連休あれば行けるとこも多いしね!

費用がネックで今まで行けないなーと思っていた方、これを機に旅にでてみませんか?

Have a good trip!

最新情報をチェックしよう!